1st Progress ~ 中大Raccoons, 早大Big Bears を下す

画像


アメフト、春のオープン戦、早稲田大学Big Bears vs 中央大学Raccoonsを観戦。( at Amino Vital Field )

秋のリーグ戦に向けての節目の一戦である。 オープン戦なので、両校のこの試合に対する位置づけは各々違うものと思われるが、それでも勝利するということは大切なことである。

試合は序盤は、中央にミスが出て17対6で早稲田が前半をリードした。このまま押し切られるかと懸念されたが後半、中央は3Qにきれいなパスからのタッチダウンで勢いに乗り、4Qにも1タッチダウンを奪い20対17で逆転勝利を収めた。

後半から特に終盤にかけて浮山(4年・佼成学園)、安本(4年・佼成学園)らのディフェンス陣の粘りが光った。
QB佐藤(2年・佼成学園)は、昨年のルーキー・シーズンの経験から成長をみせた。パスにさらに磨きがかかった感がある。今や大学アメフト界を代表するRBに成長したエースRB横田(3年・中大附属)も健在。RB近藤(3年・日大三高)も確実なプレーを見せた。山岸(4年・中大附属)を中心とするWR陣もQBとの連携が構築され、この2~3年では一番の充実度ではないだろうか。

昨年のオープン戦では法政大学Tomahawksと引き分けている。オープン戦の成果と課題をしっかりと分析し、秋のリーグ戦でもひとつひとつ勝利を積み上げていきたい。


          1Q   2Q   3Q   4Q   TOTAL
早稲田大学   10    7    0    0    17
中央大学      0    6    7    7    20

                          






            

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック