For Koshien Bowl, Who 2010? ~ 関東学生アメフトリーグ2010予想

画像


恒例、私の個人的独断と偏見による関東学生アメリカンフットボールリーグ順位予想です。
まだ途中ですが、今シーズンのオープン戦の展開から予想してみました。
グリーン背景色から各校オフィシャルサイトへリンクします。)

          ++Aブロック++

法政、日大の直接対決で決まりそうである。慶應はややリードを許している。4位以下は混戦。入替戦も予断を許さない状況。

1位: 法政大学Tomahawks

今年も健在、昨年度チャンピョン関大も大差で下している。層の厚さは定評があり、新入生のリクルートも盤石の感。法政二高を中心にレギュラー争いに加わるルーキーも数名。最終的には日大との決戦になると思うが、シーズン終盤での安定感は抜群である。

2位: 日本大学Phoenix

目指すは甲子園ボウルのみ。ラストゲームの法政戦に向けてどのような仕上げをしてくるのか見ものである。毎年、大量の新人も加入、日大三高を中心に駒場学園、大産大付属など上級生を脅かす存在となるような選手も多い。今年もショットガンで得点を積み重ねる。

3位: 慶応義塾大学Unicorns

早慶戦で早稲田を破り意気が上がるユニコーン軍団。毎年、関東大会上位へ進出する慶應義塾高から今年も有望選手が加入。芦名キャプテンを中心に上級生の踏ん張りが優勝争いのカギとなる。QB徳島(3年)のできがポイントか。関東の大学では最大のメンバーを抱える。

4位: 専修大学Green Machine

4位以下はかなりの接戦か?この中でややリードしているのが専修とみる。一時の低迷を脱出し、「少数精鋭」の切れ味を発揮するシーズンになりそう。

5位: 国士館大学Rhinoceros

2009年、早稲田を破り旋風を巻き起こした国士館。今年は主力メンバーを喪失したポジションもあり1部の壁にぶつかるシーズンになるかもしれない。しかし、レベルの高いアスリート能力を生かし再び台風の目になる可能性も持ち合わせる。1部中位校定着への戦略の構築が求められる。

6位、7位、8位: オープン戦からみると、この3校はまったく予想がつかない。入替戦回避へのシーズンになりそう。 

日本体育大学Triumphant Lion (HPが公開されていません):
オープン戦当初の不調から脱しきれていない。東海に勝利したことから浮上のきっかけをつかめるか?

東海大学Tritons
今年はオープン戦の結果からみるとやや調子が上がっていない感がある。

神奈川大学Atoms
こちらも下位校を相手に苦戦が続いている。

     ...................................................................................................................


           ++Bブロック++

1位、2位、3位: このブロックは大混戦になりそうである。あくまでもオープン戦の結果からの判断だが、早稲田、明治、中央の三つ巴で優勝争い。中位に立教と東大が並ぶ。関東学院、一橋、駒澤は入替戦争いか?

早稲田大学Big Bears

今年のオープン戦はやや結果がでていない。意図的、戦略的に見直しをしているのだろうか? いずれにしてもシーズン初めには確実に仕上げてくるのが WASEDA である。関東高校大会強豪・早大学院を中心に補強。

明治大学Griffins はHPが公開されていません。
例年、オープン戦の試合数は極端に少ない。最終戦の関西学院戦でどのようにチームを作ってくるか楽しみである。クリスマスボウル覇者・日大三高RBコンビ、小谷野、小形などを獲得。

中央大学Raccoons

こちらは好調なオープン戦の結果である。慶應を破り、法政と引き分けた。特に法政戦のドローは大きな自信につながる。中大附属や日大三高に加え、関東高校No.1QBといわれる佐藤(佼成学園)が入学。サポーターズシステムが確立し観客数も充実、プレーヤーには大きな励みとなる。

4位: 立教大学Rushers

付属の立教新座がこの1~2年ついに関東トップ校の一つに躍り出てきた。この底力をばねに大学も上位進出を坦々と狙う。

5位: 東京大学Warriors

中位校としての安定感は出てきたが上位進出にはなにかが足りない感がある。かつての勢いを取り戻せるか?


6位: 関東学院大学Hurricanes

入替戦を逃れるだけでなく中位から上位への足掛かりとしたいが、やや決め手に欠けるのが難点。毎年、2部からの昇格校などもあり、なんとか中位はキープできる実力をつけたいところ。

7位:一橋大学Crimson

2年連続入替戦出場という苦しいシーズンが続くが、今年は、数年前の「強いCrimson」のイメージをなんとか取り戻すチャンスである。オープン戦の結果からは少しずつ実力を取り戻しているようにみえるが、、、。

8位:駒澤大学Blue Tide

1部昇格も苦しい戦いになりそう。まずは1勝したい。


           ...................................................................................................................



8月の合宿を経てたくましいチームに変身し、9月のシーズンを迎えるのが楽しみである。

                   L I N K ⇒関東学生アメリカンフットボール連盟オフィシャルサイト






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

tacaQ
2010年06月25日 20:35
お久しぶりです。
関東選手権に進めるのが各ブロック1チームになって、プレイオフ争いが熾烈になりましたが、今年はいけそうですかね?
うちの大学は、まず二部にもどらなきゃ・・・で、ちょっと残念です
2010年06月26日 20:09
どうも、どうも。新生活やいかに? 少しずつ都内に近づいてきてるようですね。アメフト&ラグビー観戦のチャンスが増えそうですね。

さて、今年はいつもよりはレベルアップしているようなので期待していますが、ブロック優勝となると相当のがんばりが必要かと、、。

それよりもこのアイテムをアップするときに順位表をみて3部と知りましたがこれにはちょっと意外な気がしました。
1部上位をキープするとなればさらに中学~高校などの下部組織の充実やリクルート強化が必要となるので大変です。




この記事へのトラックバック