Casillero del Diablo ~ チリワインのキャッチコピー

画像


  *** Revised on September 29, 2011
   ( 1st edition / September 17, 2005 ) ***



~ あと2ヶ月にせまった Beaujolais Nouveau 解禁(今年は11月17日)へのプロローグ ( ただし今回はチリワイン編 )~
  

ワイン好きの私ですが、この10年ぐらいかなり出回っている南米産ワインにはいまだに縁がありません。日本では新興のワインというイメージがありますが、実はかなりの歴史があります。
ただ買ってきて飲めばいいというだけの話ですが、ラベルを見てはなんとなくやめてしまうということを繰り返しています。

しかし、いろいろ見ているうちにうまいネーミングだなぁ、というワインを見つけました。まだ飲んだこともなくどんなテイストかもまったくわかりません。ただただこのネーミングがおもしろいし、当初はワインがいかに大事なものだったのかということを窺がわせるのです。
ごくふつうのテーブルワインにすぎないのですが、、、、。

“Casillero del Diablo” = “Castle of Devil” です。
わりあいとふつうのCabernet Sauvignon。

        ....................................................................................................................................

  【この件に関しLINKしているゆうさん(古屋雄一郎氏)よりご指摘をいただきました。】

『Casillero(カシジェーロ) は英語の Castle(城)ではなく Cellar(セラー/蔵)です。「城」は Castillo(カスティージョ) と言います。綴りが似ているので勘違いしやすいですが』

ということです。長い間間違った表記をし大変失礼いたしました。ゆうさん、ありがとうございました。

   ゆうさんのHPはこちらです ⇒⇒ 

(2011-09-29訂正)
 
 

        ..................................................................................................................................




ラベルには次のようなことが書いてあります。説明はスペイン語ではなく英語なのでわかりやすいです。

「 This legend began more than 100 years ago, where Don Melchor al Concha y Toro, founder of the winery, reserved for himself or exclusive batch of the best wines they provided. And to keep stranger away from this special private reserve, be spread the rumor that the Devil lived in that place. 」

といったようなことだそうです。
なんでもないテーブルワインでもこのようなエピソードがあればきっと "Good Taste !" と感じるような気がするのが不思議です。

⇒⇒

⇒⇒

⇒⇒

⇒⇒





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

hideko
2005年10月20日 23:24
今年は私もボジョレーヌーボーを買って、友達を呼んでホームパーティをしようと思ってます。
どんな料理、デザートを作ろうか、今からワクワクしています。
でも・・私はお酒が本当に弱いので、私にも飲めるくらいの度数の低いワインでないとたくさん飲めないし、楽しめません。
たまにワインを買っても少し飲んであとは結局料理に使ってしまっています・・もったいないよね。

leoさん、お勧めのワインはありますか?
2005年10月21日 00:51
いろんな種類があるのですが、ビギナーの人にもわかりやすく間違いないのは: GEORGE DUBOEUF Beaujolais Villages 2005 (ボジョレー・ヴィラージュ、ジョルジュ・デュブッフです。)ジョルジュ・デュブッフという人のところで造ったというものです。2,300円ぐらいだと思います。ワインの度数はそんなに変わりません。またヌーボーはいらなくなった場合でないと料理に使うのも悪くはないですがちょっともったいないですね。好きな人がたくさん飲んでしまう、というのはいいのではないでしょうか。 ボジョレーの位置関係については上記HP「Wine Spiral」のフランスのところからチェックしてください。ヌーボーの製法に関しても別の観点から記事があります。

Map ⇒⇒ http://www.winespiral.com/france/bourgogne.html
2005年10月21日 01:07
それからたぶんMs.Hidekoがお気に入りと思われうBlog::

Title : 「Feel Tokyo」
この記事がおもしろいです。⇒⇒http://feeltokyo.exblog.jp/1973984

National Azabu Supermarket を紹介したページ。ここは私も良く通ったところ。紀伊国屋(青山)をさらに在住外国人向けにしたようなショップです。

こちらのフレームからはさらに詳細情報を見ることができます。
⇒⇒ http://store.yahoo.co.jp/national/info5.html



Escort Russia
2013年03月03日 02:32
Very good article. Theme is very sure and clear. Truth is deep and it let the reader I much emotion. I want to be able to write such a good, is not easy to……. So I want to and the author make a friend, to study well.

この記事へのトラックバック