Leo's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS Toshiba presents Draft 2010 〜 ドラフト指名予想(10月28日17時)

<<   作成日時 : 2010/10/10 00:00   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


豊穣の2010年ドラフト会議は10月28日17:00にスタートする。サポート企業は東芝である。


主に大学野球界、それも投手中心の指名になると思われる今年のドラフトを個人的な独断と偏見で予想してみる。
今年の場合は、外れ1位だけでなく、外れ外れ1位まで各球団が準備しているようだ。そのぐらい人材が豊富である。

巨人は沢村拓一(中大)か大石達也(早大)であるが、ここにきてかなり読売サイドに動きがある。他球団の沢村回避状況にもよるが、やはりオールドファンの速球・沢村のイメージともダブる沢村か? 東野をも凌ぐ本格的右腕、しかもアマ球界最速157km。なにより熱いピッチングが伝わるマウンド姿が今の巨人には最も必要とするものではないだろうか。
巨人としてはできるだけ競合する球団を少なくして抽選に持ち込みたいというのが最近の他球団への牽制となって表れている。2〜3球団ぐらいで抽選、できれば単独指名をしたいがこれは無理か。

     Link ⇒       Link ⇒  

大石はリーグ戦でもリリーフとしてやってきた投手。スケールの大きい本格派であるが入団当初は先発よりもリリーフとしての起用になる可能性が高い。先発にするには当初少し時間がかかるかもしれない。また大石は最も多くの球団の指名が入ると思われる。場合によっては4〜5球団になるだろう。本命は地元(福岡大大濠高)のソフトバンク、対抗が阪神と思われる。

星野監督が内定している楽天も大石を指名する可能性大。楽天はメジャー入りする岩隈に変わる投手が欲しいので熱血星野としては沢村にいきたい気持ちもありそう。しかし、安全圏を考えると3年生以降成長をみせる福井優也(早大)の線が強い。福井も大石に匹敵するぐらいの力量がある。福井は高校卒業時(済美)、巨人に4位指名されたが早大に進んだ。2位か外れ1位で地元・仙台六大学で東北福祉大の連覇を阻止した阿部博文(東北学院大)。

大石は他にオリックスもいきそう、岡田監督の早大ラインを生かしたい。その意味ではあるいは福井もありうる。

阪神は大石(早大)が本命、外れ1位の場合はサウスポー大野(佛教大)。大野は今シーズンの故障がどう響くか?さらに福井(早大)も考えられる。

齊藤祐樹(早大)はかなり以前から東京ヤクルトとロッテが1位指名すると公表している。荒木監督ー齊藤の早実路線が1〜2年ずれることになる。2011年は高田前監督を引き継いで(ヤクルト)ミルミル借金を返済した小川監督代行が監督に昇格、ヘッドコーチ格で荒木ピッチングコーチ。

中日が読めない。当初は大野(佛教大)にいく予定だったが、故障の具合では加賀美希昇(法大)、サウスポー乾真大(東洋大)などの可能性もある。落合監督の胸次第だが渋めの社会人を指名することも考えられる。

2011年より住生活グループ(トステム、イナックスのholding company)になる横浜は地元(桐蔭学園)の意味もあって加賀美。4年生になってからピッチングに安定感が増している。一二三(東海大相模)というオプションもあるが、3,4位以降でも採れそう。横浜は来年10試合程度は新潟ハードオフを使用するようだが、地元横浜では「新潟米スターズ」反対というギャグのような垂れ幕も出たらしい。

ソフトバンクは上述のように大石。外れ1位か2位で都市対抗で活躍した地元出身の東京ガス・榎田大樹(福岡大)。また外れ1位では伊志嶺翔太(東海大・外野手)もある。伊志嶺には大学生投手が厳しい場合、日本ハムが1位でいくという線も浮上。

埼玉西武は西口のルートで南昌樹(立正大)か。

捕手では小池翔大(青山学院大)がいるが、リーグ戦で骨折、手術をする。しかし、次代の捕手が欲しいチームや高齢化しているチームではぜひ欲しいプレーヤーである。横浜や場合によっては阿部の後継者として巨人。この場合、鮫島哲新(中大)も考えられる。

他にドラフトされそうな選手は:

投手:
中村恭平(富士大)、トヨタに内定も2位以内であればプロ。地方球界の星(岩手)。楽天の評価次第か。
塩見貴洋(八戸大)、サウスポー、左不足の中継ぎ候補として貴重。評価は中村よりも上。西武、楽天など。
西嶋一記(明大)、ここにきて評価が上がっている。星野楽天がいくか?
鹿沼圭佑(東洋大)、乾とともに東洋大5連覇の立役者。1順目で消える投手。
榎下陽大 (九州産業大)、ソフトバンク?

微妙な状況なのが、
桑鶴雄太(東北福祉大)
埜口卓哉(国学院大)、巨人が3〜4位でいくらしい。
山崎雄飛(中大)、高校時(芝工大付属)、齊藤(早実〜早大)と双壁といわれたがまずは故障完治が先決。
美馬学 (中大〜東京ガス)、榎田とともに都市対抗で活躍、リリーフで目がある。

内野手:
阿部俊人(東北福祉大)、仙台六大学ピカイチのショート。
荒木郁也(明大)、やはりショートである、右投げ左打ち。
林崎遼  (東洋大)、世界大学野球選手権で活躍し評価が上がった。
小野紘明(亜大)、大学生内野手としては1番手か。

外野手:
田中宗一郎(立大)、本人がプロ志望を提出するかどうか?
坂井貴文 (東洋大)、こちらはプロ志望提出済み。
柳田悠岐 (広島経済大 )、地方球界ながら評価が高い。

 
以上、10月9日現在の状況及び評価である。


     Toshiba presents Draft 2010 ⇒ 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Toshiba presents Draft 2010 〜 ドラフト指名予想(10月28日17時) Leo's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる