Leo's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS The Rising 'Son' 〜 サブマリンDNA⇒⇒会田(巨人)勝利の方程式

<<   作成日時 : 2007/04/26 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

巨人・会田有志投手(佐野日大高〜中央大学〜巨人・背番号63)が4月26日、対横浜ベイスターズ戦でついに初勝利を上げた。プロ野球投手で親子2代で一軍勝利ははじめてのことである。

ヤクルトで29勝を上げた父・照夫氏のDNAを引き継いだかのように、今シーズンはサイドスローからアンダースローにマイナーチェンジし、入団2年目にしてジャイアンツの勝利の方程式を確立する3本柱に成長した。HAT=林〜会田〜豊田の勝ちパターントリオである。

初勝利は、現在までの巨人の試合数24のうち、なんと12試合目の登板という中核をなす存在へ登り詰めた。捕手はこれも中大の先輩・阿部慎之助である。

私が会田投手を観たのは、会田が大学3年の時である。秋季リーグ戦、対駒澤大学戦で中澤(富山商〜中大〜ヤマハ)をリリーフし、亀井(当時中大4年〜巨人)がダメ押しホームランを打って25年ぶりのリーグ優勝を飾った試合である。当時はMAX140km近くはでていたと思うが、サイドスローのテンポが打者に合わされやすいという懸念があった。巨人入団2年目でアンダースローに転向、スピードはやや落ちたが低めをつく丁寧なピッチングで内野ゴロを打たせるのが身上である。

ゆくゆくは現役ではWBCで大活躍したロッテの渡辺俊介のような投手になると期待されている。個性派の投手が少なくなっている昨今、地面スレスレに腕を振りぬくアンダースロータイプはプロ野球にとっても非常に高い存在価値がある。

原監督期待の「勝利の方程式」のキーマンとして今後も活躍するに違いない。

                 試合結果:【Giants Official Site】
   
      【報知Yomiuri Web Site】:「会田有志が渡辺俊+父の2人の「教科書」胸に1軍浮上狙う」   

  【報知Yomiuri Web Site】:「会田“G版・球児”だ!原監督「勝利の方程式」キーマンに指名」



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
The Rising 'Son' 〜 サブマリンDNA⇒⇒会田(巨人)勝利の方程式 Leo's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる