Leo's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS Draft color 〜 最新ドラフト情報・次代のプロ野球スターを探る

<<   作成日時 : 2006/09/09 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像




プロ野球最新ドラフト情報サイト・Draft color

⇒⇒Draft color 〜 最新ドラフト情報・次代のプロ野球スターを探る


こちらはおなじみ蔵建て男氏の「迷スカウト」:

⇒⇒『400万ヒットに迫る! 〜 プロスカウトが詣でる蔵建て男氏の「迷スカウト」』:edited on Jan. 06, 2005






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
レオナルドさん、コメントありがとうございました。
レオさんのコメントを拝見して、「ああなるほどな・・」とも思いましたが、やはりどうも何かひっかかるのです。一つは、プロ以上のこと(試合日程や投手のローテーション等)を高校生にやらせる必要があるのか?やらせてよいのか?ということ。もう一つは、せっかくの逸材がいても、もしかして日本の「プロ野球の体質」自体が実はそれらの逸材達をダメにしてしまっているのか?ということです。
以前、地元の温泉ホテルに某球団の二軍がキャンプで来て宿泊してました。その時そこで高校生の自分はアルバイトをしてまして、選手達の部屋片付けに行ってビックリ、タバコの箱と吸い殻の数数数。例え二軍とはいえ正直ガッカリして、「プロ野球選手の健康管理ってこんなもん?」と思ったのでした。
ま、今ではどうだか分かりませんが。。
どんなスポーツでも、喫煙だけはよくないですよね。喫煙はスポーツとは無縁だと思いますので。
おるか
2006/09/14 00:13
もしかすると、意外と「プロ野球」よりも、「高校野球」のほうが実は興行的にも育成的にも人気的にも進んでいるのかも?
バスケももっと盛んになって欲っしいなぁ・・・
おるか
2006/09/14 00:26
おるかさん、こちらへのコメントありがとうございます。

おるかさんのおっしゃる「やはりどうも何かひっかかるのです。」という点はまったくそのとおりです。
しかし、それでもプロへ行きたいという人はそのステップを踏んでいこうとするでしょうね。これは本人の意思と考え方ですからそれはそれでかまわないと私は思います。

そちらのブログに書き込んだように、「早実」のケースはスペシャルであるということであり、問題なのは「野球ばっかりするところ」にありますね。

さらにおるかさんの経験された二軍の件ですが、これこそ本人の問題であってこんな選手はプロとして大成しないに決まっているのですから自業自得でしょう。プロは自己責任ですから管理を怠って失敗する選手はそれでかまわないでしょう。私は野球ファンですが、そんな程度のレベルの選手にはあまり関心がないという考えです。
そちらのブログに書いたように「文武両道」が当然と思います。

バスケットはですね、首都圏などでは結構、JBや日本リーグだけでなく、大学リーグやインターハイなどもそれなりに人気がありますよ。

Leo
2006/09/14 00:43
「文武両道」まさにその通りですよね。どんな偉大で優秀なスポーツ選手でも、現役で活躍出来る時期は人生の中では限られていますし、引退後のほうが長かったりします。また、競技をするうえでも、「頭」がよくなくては良いパフォーマンスも期待出来ないかもしれません。ま、こちらは学問的な「頭」の良さではなく思考的な「頭」の良さのことですが。戦略とか瞬時の判断力とか。高校出てすぐプロに入って、そこそこ現役で活躍して、その後引退してTVに解説とかで出ている人の中には、見るからに「こいつバカっぽいなぁ・・・頭悪そう」と感じる人いますもんね。(笑) 野球とゴルフの知識しか無さそうだなぁ・・とか。(笑) 
>プロは自己責任ですから管理を怠って失敗する選手はそれでかまわないでしょう。
その通りですね! しかし、残念ながら二軍だけに関わらず、一軍のトップ選手の中でも喫煙している人はかなりいるのは事実です。一時的に気分が落ち着く効果はあるかもしれませんが、(^-^;
日本のプロ野球のレベルをあと一歩引き上げるためにも、選手個人個人、チーム、球界、マスコミの目も含めての意識向上がもっと必要かと感じます。
おるか
2006/09/14 10:24
そうですね、レギュラークラスでも喫煙する人はたくさんいます。ただ、喫煙飲酒などは嗜好の部類に入るのでこれは本人がどうするかということであってファンがどうこういうことではないと思います。これによってレベルが落ちれば当然自分に降りかかってくる問題です。その一例としてメジャーに人気を奪われるということもありますね。

ただし、喫煙や飲酒を「悪」という風に考えるような日本的というか儒教精神のような厳しさも決していい考え方だとは思いません。

あくまでもプロはプロ、何をしようと自由、それによって成功するか失敗するかは自己責任と考えます。それを「プロ」というと私は考えます。

つまり個人は個人であるということと同じだと思います。

Leo
2006/09/14 21:00
ま、確かにファンがどうのこうのと言う問題でもありません。
ですが、あくまでもスポーツをする上で、「喫煙」は決してプラスにはなりえないと思うのです。ましてやそれを極めようとする「プロ」であればなおさらです。そして、それでも通用してしまうようなレベルなのかなぁ・・それだったら残念だなぁと思うのです。でも、野球というスポーツは、サッカーや陸上のように、心肺や持久力を必要とするスポーツではないので関係ないのかなぁ・・・
ところで、私は決して喫煙や飲酒自体を悪という風には考えてはいませんよ。(^-^)
煙草は12年前にやめましたが、お酒は私も大好きですし。
私が言っているのはあくまでも「スポーツをする上で」の話です。
私は野球ファンではありませんが、どんなスポーツにおいても、ファンであればもっと選手に頑張って欲しいからこそ、時には厳しいファンの目が必要だとも思います。。
おるか
2006/09/14 23:15
>そして、それでも通用してしまうようなレベルなのかなぁ・・<

まぁ、日本のプロ野球はそういうところなのかもしれませんね。
こういうところが他のスポーツに追いつかれたりする原因の一つかもしれません。ポイントはこういうことを選手自身が自覚するかどうかということでしょうね。

ちなみに私はワインなどを飲むのは大好きですが、まったくタバコには縁がありません。あの煙が苦手です。自分でもスポーツをするので吸いたいと思ったこともありませんでした。
Leo
2006/09/15 04:12
ワインは私も大好きです。ただ、ほとんど1000円前後(その中でも5〜600円台が大半)の手頃な庶民ワインしか飲めませんが。。。(^-^;
私も煙草をやめてからというもの、煙がとても耐えられません。目がしょぼしょぼになりますね。あとは、服に臭いが付いてしまうのが嫌ですね。吸っている時は全然気にならなかったんですが。おかげで?パチンコ店にも行けなくなりました。
さてさて、ところで、駒大苫小牧の田中君はプロへの志望を発表しましたが、一体どこの球団が射止めるんでしょうねぇ・・・
あの小憎たらしい生意気そうな目つきが、なんともいいですね。負けん気と根性ありそうです。
おるか
2006/09/19 21:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Draft color 〜 最新ドラフト情報・次代のプロ野球スターを探る Leo's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる