Leo's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS pitch 47, 48 〜 悲しみは雪のように

<<   作成日時 : 2005/01/03 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
私は大学入学時にヨット部から勧誘を受けたことがある。

ヨットに関しては、479やスナイプ級などのクラスがあることはなんとなくは知ってはいた。
後にテニス仲間にいわゆる“やんごとなき”系譜に繋がる方やその友人仲間にヨットに誘われたこともある。葉山に停泊させてあるのだという。しかし、私は“やんごとなき”人種とは程遠い一般人なので丁重にお断りした。といえば格好いいのだが、およそヨットやボートなどというものは初心者である男共は早い話が下働きに過ぎないので、そんな役割を遊びの場面ではやる気持ちがさらさらなかったというのが真相である。

また、テニスでも宮内庁病院関係者と知り合い、仲間とともに皇居内にあるテニスコートでプレーをしようと誘われたことも何度かある。こちらは「面倒くさい」のでやめた。友人達には何度かプレーしたものもいる。コートまで物理的には近いがそれまでの諸手続きというかチェックがやや面倒だということを聞いていたからである。

やはり、というよりも当然、私には“やんごとなき”ことは向いていないのである。すご〜〜く一般人でいいとしか思っていない。

したがって私のような一般人が '水’に関するスポーツを楽しむことはボート、それも華であるエイトを観戦することが最適ではないかと思っている。2004年12月に記したように、自分でプレーするフェンシングをやりそこねて“KNIGHT”にはなれなかった人間ではあるが、見るスポーツでの美しいエイト競技には以前から興味を持っていながらもLIVEではまだ見たことがない。

10年ぐらい前のCXのドラマ「愛という名のもとに」は、

⇒⇒ 野島伸司脚本、
大多亮プロデュースというゴールデンコンビにより、鈴木保奈美、唐沢寿明、江口洋介、洞口依子などの出演で大ヒットした。大学ボート部やその後の人生をドラマ化し、

浜田省吾
の「悲しみは雪のように」がテーマソングであり、こちらもヒット曲となった。この時はロケを立教大学ボート部が撮影協力をしたと思う。

隅田川での歴史ある東商レガッタ(東大vs一橋大)、早慶レガッタなどよりもビッグイベントである全日本大学ボート選手権などでは何度も優勝している

母校のボート部
をそのうち戸田ボートコースに見に行きたいと思っている。

TVでは何度も見たことがあるが、コックスのリードで8人のオールが白い波を立てて滑るように2,000mを疾走する姿は太陽の光の下ではさらに眩く感じるだろう。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヒットの秘密 〜 一体誰が見てるの? このブログ!
このブログを始めたのが2004年12月20日である。 ...続きを見る
Leo's Blog@WebryBlog
2005/02/04 22:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
pitch 47, 48 〜 悲しみは雪のように Leo's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる