Leo's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS Kobe to Sendai 〜 キーナートと東北の「楽天」温度差?

<<   作成日時 : 2005/01/14 13:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
アメフトの NFL 、サッカー、野球、ラグビーなどを飲みながらワイドビジョンで観戦するスポーツバー。今や日本全国に広がりつつある。

このスポーツバーを日本で最初にオープンさせたのが、

東北楽天ゴールデンイーグルス Go for Rakuten Eagles !

のGMに就任したマーティー・キーナート氏である。

COCO 〜 お洒落に生きた小森のおばちゃま  モアベターよ!

を載せた後で、私は唐突にこのスポーツバーを思い出した。このスポーツバーは実は COCO の斜め向かいぐらいにあったのだ。したがって私がなぜ COCO が妙に記憶に残っているかというと、このスポーツバーに行くときに COCO を何気なしに見ていたということである。当初は NFL などを流しアメフト好きのアメリカ人などが多く集まるバーであった。

キーナート氏はその後神戸に本格的なスポーツバーをオープン、関西在住の外国人プロ野球選手のみならず、遠征中の外国人プレーヤーなども訪れるようになった。球団を超えて彼らや代理人の年俸交渉の情報交換やさらには下交渉などに使われるような存在となっていったことはよく知られている。

楽天オーナー・三木谷氏も神戸出身であり、一橋大⇒MBA of Harvard Univ. と Crimson Color 一色のビジネスマーケティングをスポーツ部門で発揮することになったわけである。さらに田尾監督は同志社大学出身という京都というか関西カラーなわけである。それにチームとしては当初は近鉄とオリックスの選手が中心となる。

さてこのキーナート氏の神戸カラーを仙台に持ち込むことになるのだが、ファンが受け入れる土壌はどれだけあるのだろうか? 仙台という土地に関してはあまり良く知らないのでわからないが、首脳陣はこの点を本心はやや懸念しているように思う。それは東北という土地柄は何でも浸透するのに最初は時間がかかるらしいからである。もちろん一旦根付いてしまえばしっかりと安定するというところでもあるらしい。

球団側とファン側のすり合わせのようなものが必要であろうし、最初はいろいろとお互いの行き違いなども生じるかもしれない。

しかし、それをもカバーするほど魅力的な球団を造る or 作る or 創る のが楽天という企業なのだろう。 「岩隈」、「一場」など魅力的な新商品が生まれるのであろう。

参考⇒岩隈、初志貫徹このページから岩隈投手のオフィシャルページへジャンプできます(2004/12/23)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
岩隈、初志貫徹
岩隈 ...続きを見る
Leo's Blog@WebryBlog
2005/01/14 20:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Kobe to Sendai 〜 キーナートと東北の「楽天」温度差? Leo's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる